圧力鍋を試してみました

スパゲッティーを茹でるために大きな鍋が欲しいと思い、スパゲッティー専用の鍋を検討していたのですが、それでは使い勝手が限られてしまうので、紆余屈折の後、圧力鍋を買うことにしました。それなら普通の大きな鍋としても使えるし(ガラス蓋付なので)、圧力鍋としても使えるので。

で、圧力鍋。未だかつて使ったこともないし、使ったという話も聞いたことないです。どうしても圧力鍋というと事故のイメージがあって怖いし、圧力鍋で作る料理にいまいち魅力がない。でもせっかく圧力鍋を手に入れたので、私の得意料理(?)のビーフカレーを作ることにしました。まったく圧力鍋の動作が分からないのでマニュアル通り最初は水だけで試してみて、いざ本番へ。当初は本来ぐつぐつ野菜を煮るのを多少でも短時間になればと、時間短縮効果しか期待していませんでした。

それが実際に試したところ、水がなんとかかぶる程に野菜をたっぷり入れて一旦沸騰させてアクを取った後、10分程圧力鍋を作動しました。圧力がかかった状態も結構早く解除できるし、意外と面倒じゃありません。

出来上がったカレーは、普通だったら煮込んでいる間に、ジャガイモもタマネギもとろけてしまうのですが、ほとんど切ったままの状態を保っていて、それでいて食べてみたら中までホクホクでした。とろけていないので、カレーはある意味シャバシャバしているのですが、野菜の甘みが余計に染み出してなく、辛口のカレーを辛口のまま食べれたという感じですね。旦那も満足気でした。

今までカレーと言えばル・クルーゼの出番だったのですが、これからはティファールの圧力鍋になってしまうかな。

This entry was posted in お買い物, 料理

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です