• PC関係 »
  • MacのメールをThunderbirdのメールに統合しました

MacのメールをThunderbirdのメールに統合しました

Macを修理に出すために、MacのメールからMacのThunderbird経由にWindows 7に移行しようとしています。

問題は、MacのThunderbirdには、過去にWindows時代に移行してきた時のメールが残っていて、Macのメールには、Mac時代のメールが入っていること。そして、私は両方のメールを一緒にしてWindowsに持っていきたいのです。

失敗しても大丈夫なように、一度Time Machineでバックアップを取ってから、作業を開始。これで、2つのメールアプリに分かれていたメールたちを統合できました。

参考にしたURLはこちら

「1」だけ変更しています。

  1. メールの受信メールと送信済みメールをThunderbirdのローカルフォルダーの受信トレイと送信済みトレイに持っていきたいので、フォルダーを上書きしてしまうので、いったん受信トレイと送信済みトレイのメールを別のフォルダーに移動しておく。8ではinboxとSentのみ指定します。
  2. Mail を起動します。
  3. 移行したいメールボックスを開きます。
  4. 「編集」メニューから「すべてを選択」を選択します。
  5. 「ファイル」メニューから「別名で保存」を選択します。
  6. 「メッセージを保存」ウィンドウが開きます。
  7. 保存先として、Thunderbird のプロファイルを指定します。場所は通常 ~/Library/Thunderbird/Profiles/********.default/Mail/Local Folders/ になります。
  8. ファイル名を指定します。移行するメールボックスによって、対応するファイル名を指定してください。
    • 受信 = Inbox
    • 送信 = Unsent Messages
    • 下書き = Drafts
    • 送信済み = Sent
    • ごみ箱 = Trash
    • 迷惑メール = Junk
    • その他のメールボックスについては、そのメールボックスと同じファイル名を指定してください。
  9. フォーマットから「メッセージソース」を選択します。
  10. 「保存」を選択します。

This entry was posted in PC関係

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です