• 旅行 »
  • 発心門王子から熊野本宮大社まで歩く。滝尻王子から高原までも歩く。

発心門王子から熊野本宮大社まで歩く。滝尻王子から高原までも歩く。

朝8時発で川湯みどり屋の車で熊野本宮大社まで車でついて行き、自分の車は熊野本宮大社において、みどり屋の車に乗せて貰って発心門王子で下車しました。意外と伏拝王子から歩く方もいるみたいでした。

発心門王子からは舗道なんですが悪くない景色でした。ただハチにまとわりつかれて大変でした。夫に頭に付いてるって言われたり、腕に付いてるし。宿の人によるとハチが今年は大量発生しているんですって。ハチにハエに蚊に。虫満載。ハチを寄せつけないために杖を振り回したら効果テキメンでしたよ。
慣れるまでハチをよける為に走ったり無駄に体力を消耗。。。ちなみに去年は全然いなかったらしい。

途中からきちんと山道、というか古道に。でもこの道のりはキレイだし歩きにくくないし、一応休憩所があったり自販機もあるし、熊野古道の美味しいところどりなコース。実際、中辺路の本宮までの距離の最後だけですからね。でも私が歩いた8月は暑くて暑くて、疲れました~。

熊野本宮大社で参拝したのち、近場でランチに750円でカツカレーを食べて、滝尻に出発。本宮から滝尻までにランチできそうな場所はなくて、本宮で済ませておいてよかった。

1時すぎくらいに滝尻王子に到着。
駐車場に車をおいて、今夜の宿、たかはら、が指定したお店に、宿に持って行ってもらう荷物を預けました。後で宿の人が取りにきてくれるので、私たちは歩くのに必要な荷物だけ持って、宿のたかはらまで向かうことにしました。

本宮まで歩いて、滝尻王子からの道のりを油断してました。
全然自販機ないんですよ!
しかも集団で登っている方に巻き込まれて、抜くのが大変。譲ってくれるもんだから、ペース良く登らなくてはいけなくて。暑さも手伝って汗だくだくに。自然と喉が乾くようになって水分を取りたくなるのですが、二人で持ってきた飲み物はペットボトル3本。自販機無し。ペットボトルは全て夫が持っていたのですが、残り2本になったら夫が管理し始めました。ちょっと飲み過ぎとか、言われて、私が倒れたら知らないよ、って思いながら登ってました。発心門あたりと比べて古道の険しさも違うし、飲み物を調達できないし、油断してました。夫婦間にもう少しで亀裂が入りそうでしたよ。
無事、NHKの鉄塔が見えてきてゴールが見えてきて一安心でした。
もう宿での食事が豪勢でしかも空きっ腹でしたから美味しいのなんの。たかはらはまだ出来て2年目くらいのホテルで全体的にキレイで気持ちよかったですよ~。部屋から山々を見下ろすことが出来て、日が沈んでいく様子を部屋の畳に横になりながら見る事が出来ました。

翌日、朝食も早朝には取れなかった為、宿を遅めに出発。今度はペットボトル5本持つことにしました。
高原からは4時間程、一旦入ったら何もない道になります。細い道も出てくるので、景色の変化を楽しみながら歩きました。
前から歩いてきた男性が2人いただけで、ずっと夫と二人だけの時間。お互いを気遣いながら、結果的にいい時間を過ごすことが出来ました。汗をかかない時期であればこんなに辛くはなかったと思うのでご安心を。

この旅でもうこれで歩くのは終わりと二人で決めました。そうそう、もう朝から足に痛みが残っていて、ほんと良く歩いたなと思います。

50分に一本しか走らないバスに近露王子から滝尻王子まで乗って、無事、駐車場においた車までつくことができました。タクシーも台数が少ないから来るまで時間がかかるって聞いてたので、見せ場の牛馬童子も写真だけ撮って通過しました~。

来るまで高野山まで2時間程度でしたが、道も飛ばすことができて5時には宿に入ることが出来ました。

This entry was posted in 旅行

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です