• Home

高野山の宿坊に宿泊&数珠作り

5時前に高野山に到着。それまで雨が降ってたらしく、霧が立ち込めて幻想的な景色が迎え入れてくれた。

今日の宿は西禅院。松下幸之助が使っていたお茶室があったり、お庭がキレイなお寺です。あと、夫が朝のお勤めを強制されることを嫌がるので、自由参加な宿にしたんですよ。

部屋は新しくてキレイな部屋でしたよ。ただお寺内にはお寺同様に年期の入った部屋もたくさんありました。そうそうこの宿は高野山に2宿しかないというEthernet口が部屋に完備されています。

食事は精進料理ということで少し覚悟してたのに、ヴォリュームがあって美味しくて幸せ。
トイレが共同で、最初トイレ内の電気の付け方が分からず、ちょっと怖くなって、一人でトイレに行けなくなりましたw でもウォシュレットでキレイなトイレですよ。

発心門王子から熊野本宮大社まで歩く。滝尻王子から高原までも歩く。

朝8時発で川湯みどり屋の車で熊野本宮大社まで車でついて行き、自分の車は熊野本宮大社において、みどり屋の車に乗せて貰って発心門王子で下車しました。意外と伏拝王子から歩く方もいるみたいでした。

発心門王子からは舗道なんですが悪くない景色でした。ただハチにまとわりつかれて大変でした。夫に頭に付いてるって言われたり、腕に付いてるし。宿の人によるとハチが今年は大量発生しているんですって。ハチにハエに蚊に。虫満載。ハチを寄せつけないために杖を振り回したら効果テキメンでしたよ。
慣れるまでハチをよける為に走ったり無駄に体力を消耗。。。ちなみに去年は全然いなかったらしい。

途中からきちんと山道、というか古道に。でもこの道のりはキレイだし歩きにくくないし、一応休憩所があったり自販機もあるし、熊野古道の美味しいところどりなコース。実際、中辺路の本宮までの距離の最後だけですからね。でも私が歩いた8月は暑くて暑くて、疲れました~。

熊野本宮大社で参拝したのち、近場でランチに750円でカツカレーを食べて、滝尻に出発。本宮から滝尻までにランチできそうな場所はなくて、本宮で済ませておいてよかった。

1時すぎくらいに滝尻王子に到着。
駐車場に車をおいて、今夜の宿、たかはら、が指定したお店に、宿に持って行ってもらう荷物を預けました。後で宿の人が取りにきてくれるので、私たちは歩くのに必要な荷物だけ持って、宿のたかはらまで向かうことにしました。

本宮まで歩いて、滝尻王子からの道のりを油断してました。
全然自販機ないんですよ!
しかも集団で登っている方に巻き込まれて、抜くのが大変。譲ってくれるもんだから、ペース良く登らなくてはいけなくて。暑さも手伝って汗だくだくに。自然と喉が乾くようになって水分を取りたくなるのですが、二人で持ってきた飲み物はペットボトル3本。自販機無し。ペットボトルは全て夫が持っていたのですが、残り2本になったら夫が管理し始めました。ちょっと飲み過ぎとか、言われて、私が倒れたら知らないよ、って思いながら登ってました。発心門あたりと比べて古道の険しさも違うし、飲み物を調達できないし、油断してました。夫婦間にもう少しで亀裂が入りそうでしたよ。
無事、NHKの鉄塔が見えてきてゴールが見えてきて一安心でした。
もう宿での食事が豪勢でしかも空きっ腹でしたから美味しいのなんの。たかはらはまだ出来て2年目くらいのホテルで全体的にキレイで気持ちよかったですよ~。部屋から山々を見下ろすことが出来て、日が沈んでいく様子を部屋の畳に横になりながら見る事が出来ました。

翌日、朝食も早朝には取れなかった為、宿を遅めに出発。今度はペットボトル5本持つことにしました。
高原からは4時間程、一旦入ったら何もない道になります。細い道も出てくるので、景色の変化を楽しみながら歩きました。
前から歩いてきた男性が2人いただけで、ずっと夫と二人だけの時間。お互いを気遣いながら、結果的にいい時間を過ごすことが出来ました。汗をかかない時期であればこんなに辛くはなかったと思うのでご安心を。

この旅でもうこれで歩くのは終わりと二人で決めました。そうそう、もう朝から足に痛みが残っていて、ほんと良く歩いたなと思います。

50分に一本しか走らないバスに近露王子から滝尻王子まで乗って、無事、駐車場においた車までつくことができました。タクシーも台数が少ないから来るまで時間がかかるって聞いてたので、見せ場の牛馬童子も写真だけ撮って通過しました~。

来るまで高野山まで2時間程度でしたが、道も飛ばすことができて5時には宿に入ることが出来ました。

伊勢神宮に車で参拝

朝4時に起きて5時に松坂を車で出発。朝焼けの気持ちいい状態。伊勢神宮の外宮に着いたのは6時頃だったから、外宮の目の前の駐車場に余裕で停めれた。外宮は1時間くらいの参拝時間だったかな。まだ7時くらいだから内宮に車で向かう。

朝早かったから内宮目の前の駐車場に駐車できた。勝手なイメージで内宮は外宮より狭いと思ってたけど、内宮広い! 観光客も多いです。内宮しか見ない人も多いんだろうな。

内宮は1時間以上いたけど、観終わってもおかげ横丁が閑散としているw 早くから空いている赤福で赤福3コとお茶をいただいて、周辺の店が開くのを待つことに。
伊勢といえば伊勢うどんを食べねばと暖かいのと冷たいのを食べたんだけど、伊勢うどんってコシがないのね。醤油はいい味しているんだけど、うどんはコシって思ってる私には悲しかった。。。

その後、今晩の宿である熊野倶楽部へ。2時間くらいかかったかな。宿から送られてきた地図を頼りに宿に。金額の割にとても良い宿で驚きました。建物間の送り迎えとか、食事も美味いし、部屋があり得ないほど広くてキレイ。
何かあるはずと思って調べたら、三重県が建物の建築費用をはじめ初期費用を負担したらしい。運営は大阪の会社。なるほどね、初期費用の回収を考えなくて良いんだ。

夜ご飯のコースが肉もあり、魚もありで、凄いボリュームなんだけど、味もグッド。
超お腹膨れて、お部屋でノンビリ。部屋の露天風呂もいい感じ。

伊勢神宮目指して出発(東京から松坂へ)

夫が目覚ましを止めてしまい、出発したのは7時半。あえて中央道を外して東名を使って、SAに3回ほど止まり、鳥羽水族館に着いたのは3時半。2時間水族館を堪能できました。5時半に鳥羽を出て6時半に松阪牛のノエルという店で食事。サーロイン食べたかったのに、松阪牛しか選択肢はなく、しょうがないからヒレを選択。でも普通のヒレとは違って美味い。うん、ヒレでもお得感のある国産牛で良かった。スープと野菜も美味しかった~。
この日はスーパーホテル泊。小さい部屋にベットだけど安いからオッケー。

武蔵小金井の大勝軒が美味しかった

武蔵小金井にある大勝軒に行ってきました。
土日だから混んでいるんですが、お盆ということもあって12時に車で行ったところ、ぎりぎり駐車場に車を入れることができました。席にも並ぶことなく座れました。

私がワンタンめん、夫が温つけ麺を頼みました。

私は大勝軒といえば、南阿佐ヶ谷の大勝軒が大好きで、東池袋は本店に行ったことないですし、暖簾分けのお店ではあまりいい思いをしたことがないんですよね。

食べログでは美味しいという意見も多かったので、試してみたところ、つけ麺は阿佐ヶ谷の味を彷彿とさせます。中華麺はちょっと違うんですよね。美味しく頂きましたが、今度食べるならつけ麺と誓いました。

中華麺よりつけ麺がお値段が高いのは何でなんだろう?!

情熱大陸Live 2010 ASKAさん参戦

ASKAさんを観に情熱大陸Live参戦しました。
ASKAさんは3曲歌いました。「LOVE SONG」で会場温めて、「201号」では葉加瀬太郎と押尾コータローと佐藤竹善とのコラボ。曲が「はじまりはいつも雨」。

イベントのASKAさんはいつもより気持ちテンションが高めで、見ている私もなんだかドキドキします。

Handbrake 0.9.4 Windows版でiPhone 4用日本語字幕を付ける

最新版にしたら、字幕がつかなくなって苦戦したので、メモします。

インストール方法とかはいろんなところに書かれているので割愛。

Subtitlesの設定がポイントになるんですけど、Selected Trackの下のプルダウンから「1 Japanese (Bitmap)」を選んで、「Burned In」のみチェックを入れて、Selected Trackの上の「Add」ボタンを押すと、画面下のウィンドウに選んだ「1 Japanese…」が入力されます。

この状態で、「Start」を選んで、スタート!

英語字幕にしたい場合は「3 English(Bitmap)」を選択するだけで、英語字幕になりますよ。

ちょっと英語が分かると「Forced Only」とかにチェック入れたくなるんですけど、失敗しましたね~。

handbrake1

よく見えないので拡大します。

handbrake2

iPhone 4/iPad用の解像度の合わせる方法は、このサイトを参照しました。

上記サイトの「Windows版のHandbrakeでは」から実行してくださいね。そうすると、上記画像のように、新しいプリセットが作成されて、解像度が高くなりますよ。もちろん、その分ファイルサイズが大きくなります。実は、1回見ればOKな映像は昔のiPhoneの解像度にして、何度も高画質で見たいものだけ、iFrameというプリセットを選んでいます。

JYJ Thanks Giving LIVE in DOME 2日目

2日目は昨日と違って涙涙していなかったよ。

しかも最初の映像も変な間も修正されていた。

だからかジェジュンがコメントの最後にあはっごいう声に反応してたw

MCがこなれてきていた。
昨日はドラマのエピソードを聞かれて、答えられなかったジェジュンだけど、今日は千葉県で和食屋の店員から「ドクターに似てますね」と言われて、マネージャーが会計する時にエイベックスと伝えたからジェジュンとバレると思ったら、エイベックスを聞き間違えてて、田舎だったしばれなかった、という話でした。あぁ、ユチョンからドラマのメンバーで誰と仲がいいか聞かれて、「エイタさんと玉鉄さん」と模範回答するジェジュンw 女性陣とはと聞かれて、樹里さんともピーチとも連絡先をしらないと。それに対して「えー!!」という会場の声に「信じてもらえないですね〜」とジェジュンw

Be so Longでは男性ゲストでした。だからジェジュンが女性パートを歌ってくれて良かった。

ジェジュンが一人のMCで、男性が「ジェジュン好きだ〜!」って叫ぶから会場が盛り上がったんだけどジェジュンは分からなくて「何々??」言ってましたw

相変わらず、アンコールでのジュンスのInxicationのダンスの反応がスゴイ。ポーズキメる度に会場大盛り上がり。
途中ジェジュンとユチョンが間奏でダンスに参加するのには嬉しかった、というかダンスに飢えてたからね。超カッコよかったw

最後のコメントで「昨日は泣かないようにしようと思ってたのに、恥ずかしいのに、でちゃいました。」とジェジュン。でちゃいましたって言い方いいよねw

ユチョンが最後の挨拶まわりの前に「笑顔で」と言ってたんだけど、今日は笑顔を通してました。

ユチョンの腋毛って少なくなってるよね?ジュンスも?!

ジェジュンの声がステキでした〜。

JRの非常停止ボタンを押しました

いつも事故には巻き込まれないのですが、今日は巻き込まれました。

中央線に乗って吉祥寺駅に着いた時、ある夫婦がもめている様子。

ところが実際は、60歳くらいの旦那さんが立ち上がることができない様子で、表情もぼーっとしています。

それを見て妻が大声を出していました。

そろそろ電車も発車しそうだったので、駅員を探しに車両を出ました。しかし、駅員が見当たらない。

そこで気づいたのが「非常停止ボタン」。

隣の見知らぬ女性と、押すべきですよね?っと会話し、よりボタンに近い彼女がボタンを押しました。

聞いたことのあるベルが鳴り響き、30秒程して、階段下から駅員さんが数名駆け上がってきました。

今では駅員さんの代わりを一般人がしないといけないのですね。

担架でその男性は運び出され、電車は遅れて出発しました。

「非常停止ボタン」の重要性を改めて認識しました。

駅のホームには駅員さんがいない、、、たまたまかも知れませんが、驚きましたね。

WordPressにTwitterのTLを表示させました

みなさんのブログにTwitterのタイムラインを表示させているのをみて、私もやりたいと思い調べてみました。Wordpressで一番機能が優れているのが、今現在は「Tweetable」のようです。

以下のサイトを参考にしてインストールしたのですが、私のWordpressが最新なのか、理由は分かりませんが、わざわざZIPをダウンロードして/wp-content/pluginsに配置する必要はありませんでした。

http://www.ryuzee.com/contents/blog/2760

このサイトの記述と違うのは、Wordpressの管理者パネルから、左側のメニューの「プラグイン」>「新規追加」を選びました。そこで「Tweetable」を検索すると、Tweetableのバージョン1.1.8が表示されて、右側の「インストール」を選んでインストールします。

そのあとは、上記リンクにならって設定します。

そうすると、左メニューにTwitterの設定メニューが追加されます。

ダッシュボードからTwitterの投稿をできるようになりましたが、どうやってブログに自分のツイートを表示させるのか、に対する記述が他のサイトにはなくて。それは簡単だからなのかもしれないけど。人によってはCSSをいじるとあって、やってみたけど反映されず、もう諦めようかと思いましたよ。

実際簡単にタイムライン表示を設定できました。でも自分の最近の投稿しか表示されませんけど。

管理画面で「外観」>「ウィジェット」を選んで、「Tweetable」を入れたい「Sidebar」の枠内にドラッグ&ドロップするだけでした。

私は「Right Sidebar」に「カレンダー」の次に配置しただけです。

「Tweetable」のブルダウンを選ぶと、Titleを付けれて、表示させるツイートの数を選べるので今は「5」ツイートにしています。「show follower count」にチェックをいれているのでフォロワーの数も表示されています。

 

以上でした。画面ショットとか入れろよ、という声があるかもしれませんが、ニーズがあるのか疑問なので、やめときました。