• 未分類 »
  • 花粉症ではなく副鼻腔炎

花粉症ではなく副鼻腔炎

花粉が飛び始めると、花粉が飛んでいることを感じます。鼻がフガフガしてくしゃみと鼻水が出るし、目も違和感があります。鼻水とくしゃみが辛くて、「アレグラ」を飲んで過ごす、というのを近年続けています。

では実際に花粉症なのかというと、1ヶ月前くらいの血液検査でアレルギー体質ではないらしい。検査項目は少ないけど、「カビ」に少し反応しているくらい。よって、花粉症との診断は出ず。

鼻を勢い良くかみ過ぎて、以前もなったことがありますが、鼻から血まじりの鼻水がでるようになり、穴の内側がかさぶたに。このかさぶたが痛いのなんの。鼻水もかさぶたにくっつき、取ろうとするとかさぶたも取れて、悪化するという悪循環。

最初は左側だけだったのに、右側も血まじりになり、両方かさぶたの期間は辛い。医者も言ってたけど、かさぶたがなかなか治らないことも辛い。

鼻のかさぶたには、ワセリンを付けると少し楽になります。

医者から風邪と副鼻腔炎の薬をもらって鼻水を押さえたら、少しずつ楽になってきました。

新しいマスクが小さくて、マスクで覆う範囲に吹き出物がすごい勢いで出たのですが、マスクが原因だったようで、別のマスクにしたり、マスクをしないで寝たら治ってきました。まさか吹き出物の原因がマスクだったとは。

身体が弱っている時は、花粉を感じるのかもしれません。

This entry was posted in 未分類

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です